有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

美濃路 塩田常夜燈

2013年1月5日

美濃路(江戸時代、東海道宮宿と中山道垂井宿を結んだ脇街道)の大垣宿に入る手前で、杭瀬川を渡ります。河畔には塩田港の常夜燈があります。

楽しく学べる人生という旅-shiota3
塩田常夜燈(大垣市)は、高さ約4.3mの銅板葺(当初は茅葺であった)で、明治13年(1880)8月に杭瀬川を往来する船の安全祈願と航路標識、伊勢両宮への献燈として塩田港の西岸に建立された。

楽しく学べる人生という旅-sakagura2

この地方の物資輸送に有用な役割を果たしており、特に赤坂港と桑名港の間で船の航行が盛んであった。その中継港として、常に20~30隻の船が停泊し、船頭相手の米屋、銭湯、雑貨屋等の店が軒を連ねて大変賑やかであった。(大垣市教育委員会より)
楽しく学べる人生という旅-shiota1
塩田港を過ぎ大垣宿の住吉燈台(船町)に近づくにつれ、細い路地が幾重にも重なる住宅の密集地が続きます。その一角に大垣宿を代表する酒蔵「三輪酒造」があります。

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863