有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

洞川温泉

2014年9月26日

奈良県は天川村(てんかわむら)の洞川温泉(どろかわおんせん)へ行きました。

こちらは、大峯山へ入山する修験者の宿泊基地として、栄えた温泉地です。

大峯山は、天智天皇の時代、役行者(役小角・えんのおづぬ・おづのetc)が修業をした霊山で、伝説では、この大峰山系に1000日間も修業をし、感得したのが蔵王権現であり、その姿を桜の木に彫りあげ、山頂の大峯山寺と吉野山の金峯山寺(蔵王堂)に安置しました。

 

役行者は、法力、呪術もあり、夫婦の鬼(前鬼・後鬼)を弟子に従えていました。洞川は、後鬼の末裔が興したと言われてます。洞川温泉にある五代松鍾乳洞内は湧水が川のように流れていることから、洞川と名前がつきました。

この湧水が名水「ごろごろ水」です。

dorokawa1

龍泉寺と温泉街の間を流れる山上川

大峯山がいくつもの山から構成せれており、大峯山寺は山上ヶ岳にあります

 

dorokawa2

 

dorokawa3

「かりがね橋」という吊り橋があり、温泉街が見渡せます

 

dorokawa4

宿泊させてもらった「あたらしや旅館」

親切にしていただき、料理も好評でした

dorokawa5

木造旅館が立ち並ぶ温泉街、提灯が灯り、昭和の懐かしさを感じます

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863