有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

人生は知るためにある 旅も知るためにある

2015年6月30日

「人生は知るためにある」と思えるようになったのは、

数多くの失敗からでしたが、

でも、それだけではありませんでした。

旅行の仕事は、自分の心が鮮明に結果に現れます。

 

経験不足、未熟さゆえの失敗は、誰にでもあることですが、

失敗が続けば、それは自分の心のあり方に問題があります。

私はそのことになかなか気づけませんでした。

 

 

自分の心の中に潜む「エゴ」

「我良しの心」です。

 

「我良しの心」をコントロールできないかぎり、

失敗は次から次へと形を変えて起こります。

 

「人生は知るためにある」の本来の意味は、

「知識の豊富」をめざすだけでなく、

「我良しの心をコントロールする技量」を養うことだと思います。

 

「我良しの心」は、何かと他人と自分を比較します。

「我良しの心」は、悪い結果を他者に原因があると思い込みます。

「我良しの心」は、他人に迷惑をかけても自分の個性だと勘違いします。

「我良しの心」は、結果に囚われ自分を見失います。

「我良しの心」は、欲求をコントロールできません。

「我良しの心」は、無知であること未熟であることに気づけません。

「我良しの心」は、不平不満がたまり、冷静さを欠き、正しい判断ができません。

 

人も動物も失敗をすれば、学習して、同じ失敗はしなくなります。

 

しかし、いろんな問題ごとが次から次へと起こったり、

いろんな種類の失敗をしたり、

苦しいことが多かったりして、幸せな気持ちになれないでいるならば、

その原因は、「我良しの心」をコントロールできていないからです。

「我良しの心」は、人間特有の心です。

 

「人生は知るためにある」とは、

「我良しの心をコントロールする方法を知って、楽しく明るく生きる」

ということだと思います。

 

では、「旅」はどうでしょうか?

「人生」がなぜ「旅」に喩えられるか?

それは、あの世からの視点で「人生」をみれば、

「人生」は「旅」に良く似た性質を持っているからです。

私たちの魂のふるさとは、本来、あの世にあって、

人生という刺激のある旅路を求めて、この世に生をうけ、

精一杯、スリルを味わい、

そして、魂のふるさとであるあの世へと帰る。

 

人はなぜ「旅」をしたいのか?

旅には、日常では味わえない刺激があるからです。

そして、より旅を楽しむためには、知識も必要ですが、

心をみつめ心をコントロールすることが大事です。

 

だから

「人生は知るためにある」

「旅も知るためにある」

なのです。

 

極端に例えれば、

旅で不都合なハプニングがあったとしても、

楽しむ気持ちを持とうとする人は、

人生を楽しむことのできる人です。

 

kitanochouhiroba

北野町広場(神戸市)の大道芸人

綱渡りの曲芸

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863