有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

酒粕から酢へ、ミツカンミュージアム

2017年9月17日

江戸時代中期の1804年(文化元年)、

中野又左衛門により尾張国知多郡半田村で酒造業として創業したのが、

ミツカンの始まりです。

初代中野又左衛門は酒造りにおいて、

大量に出る酒粕をどう処分したら良いのかと試行錯誤し、

「酢」づくりを始めました

 

 

 

 

中野又左衛門は粕酢を江戸のお寿司屋さんへ売り込み、大好評を得ました

半田の地の利を生かし、海を渡って江戸への大量運搬が可能だったことも

ミツカンの発展につながりました

ミツカンミュージアムの中庭では、館内の空調などに使われた水がこの中庭に集められ、

癒しの空間となっています。

酒粕を廃棄せず、再利用を試案したことがミツカンの成功につながったことが、

この水の再利用でもメッセージになっています

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863