有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

まったくちがう「忠臣蔵」のお話

2019年7月25日

赤穂へ何度か添乗で行ったことがあります。

赤穂城内には大石内蔵助と浪士・藩士家などを祀る大石神社があります。

赤穂といえば誰もが知るところの赤穂浪士「忠臣蔵」という美談があります。

切腹を覚悟で主君の遺恨を晴らす家臣たちがとった仇討ち事件、

忠義とは言え、命をかけるなど現代では到底考えられない話ですし、

「神社に祀られるほど立派な行動なのだろうか」と

私は理解が出来ずにいました。

 

 

大石神社

 

繰り返しますが、「忠臣蔵」のお話は忠義という点では立派かもしれませんが、

悪役に描かれる吉良上野介は地元では名君で知られています。

どうしてだろうと疑問に思っていましたところ、

最近、人気ブログの「ねずさんのひとりごと」を読み、私は腑に落ちました。

 

この話は単なる忠義からの事件ではないということです。

まずはこのブログ記事を読んでいただきたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

その他、ねずさんのひとりごと関連記事

http://nezu3344.com/blog-entry-3236.html

http://nezu3344.com/blog-entry-3598.html

http://nezu3344.com/blog-entry-1391.html

 

 

歌川(歌川国芳「忠臣蔵十一段目 夜討之図」)

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863