有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

お釈迦様の教え 中道

2019年8月10日

(長崎の爆心地近くに建つ一本柱鳥居)

お釈迦様の重要な教えに「中道」があります。

もし、人類全員が「中道」を心掛けて生きていたら、

争いごとのない平和で豊かな社会になっていたと想像します。

「中道」とは、「ほどほどの丁度よいころあい」、「相手を思いやる」、

「仕方がないと水に流す」という生き方です。

一方「中道」でない生き方とは、

「こうであるべきと執着」「相手をゆるせない」

「自分もゆるせない」というものです。

戦争を企む「悪魔」存在は、「中道」精神のない人を使役します。

(「ココロのスキマをお埋めします」と誘います)

彼らは決して自らの手を汚しません。

AとBを混乱させ、対立させ、お互いが争う様子を見て楽しみます。

日本は彼らが思い通りにはならない相手でした。

大陸においても使役を使い挑発させても乗ってきません。

彼らは、あらゆる汚い手を使わせ強引に戦争へと誘導したのです。

日本は国土と国民を守るためにはやむを得ない判断でした。

では、「中道」精神のない輩が政権を握っている国との戦争を

回避するにはどうしたらよいのでしょうか。

それは、「戦っても勝てない」「逆に痛い目に合う」と

思わせるしかないのです。

残念ながら平和憲法は道徳のない国には何の役にも立ちません。

それなのに「安保反対」「平和憲法を守れ」「人権だ」

「軍事力強化は戦争に向かうぞ」などと言っている人たちがいます。

つまり「家の戸締りはするな」と言っているのです。

「中道」精神を持っていない輩が政権を握っている国がお隣にいる中、

彼らはどうしたいのでしょうか。

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863