有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

終戦の日、国技館にて全国戦没者追悼式

2019年8月15日

本日、終戦の日、国技館にて全国戦没者追悼式が挙行されました。

令和最初の追悼式には、天皇、皇后両陛下や全国の遺族ら約7000人が参列され、

先の大戦の戦没者約310万人の冥福の祈りを捧げられました。

敗戦から前年のサンフランシスコ平和条約が1952年4月28日発効されるまでの間の日本は連合国の統治下にあり、例えば、戦没者ご遺族や傷痍軍人の方々への国からの恩給すらも受けることができませんでした。

国に主権がないということがこれ一つとっても、

何とみじめなことなのでしょうか。

しかし、その後、主権の回復や不平等条約である安保の改定、

復興と経済発展をとげ、現在まで戦争のない社会が持続出来ているのは、

命がけで国を守った英霊のおかげです。

さらに、戦時国際法を無視し、一般人への大量殺戮へと化した戦争に

終止符を打つことができたのは、

昭和天皇の尊いご英断があったからです。

終戦の日に流れた玉音放送の文字おこしを何度か読んだことがありますが、

天皇は日本だけの天皇ではなく、人類の平和を願う世界の天皇だと思いました。

あのまま戦争が続いていたら、日本も世界も今の姿をとどめていません。

最悪、人類滅亡まで突き進んだ可能性すらあると思います。

「ねずさんのひとりごと」では、玉音放送を現代語にわかりやすくなおし、

解説されています。

http://nezu3344.com/blog-entry-4224.html#more

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863