有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

彌彦神社 天孫族の壮大な物語

彌彦神社は天香山命(あめのかごやまのみこと)を祀る荘厳な神社です。

天香山命の父は天火明命(あめのほあかりのみこと・別名ニギハヤヒ)です。

天火明命は邇邇芸命(ニニギのミコト)の兄であり、物部氏、穂積氏、尾張氏、海部氏、熊野国造らの祖神とされています。

天火明命が大和朝廷成立(神武が初代天皇となって大和を治める)以前の大和の地において、先に天磐船に乗って降臨しナガスネヒコを中心とする豪族を従えさせていました。

天火明命は大和降臨の際に景色を見て発した言葉が「虚空(そら)にみつ日本(やまと)国)」であり、

「日本」命名の元となりました。

 

その後、天火明命が治める大和に神武一行がやってきます。

神武をどのように向かい入れるのでしょうか?

 

 

一方、父である天火明命と一緒に天磐船で降臨した天香山命は熊野に住んでおりました。

東征途上にあった神武一行が熊野荒坂津にて敵の毒気により昏睡に陥っていると聞きます。

天照大御神と武甕槌命はこの危機を救うべく、天香山命に韴靈剣(ふつのみたまのみつるぎ)を神武に献ずるよう夢の中で告げられました。

韴靈剣とはかつて武甕槌命が国土平定に用いられた威力ある霊剣です。

夢告に従い天香山命が昏睡している神武天皇に韴靈剣を献じたところ、霊剣の威力によって神武を始め皇軍将士は忽ち昏睡から覚醒し、敵を撃破されました。

天香山命の韴靈剣献上の大功により危機を乗り越えた皇軍は、その後次々と蛮賊を平定し、大和に入ります。

そこで、対峙したのがナガスネヒコです。

さてここから、どうなるのでしょうか。

(省略)

 

 

神武天皇即位四年(西暦紀元前657年)、天香山命は越の国平定の勅を奉じて日本海を渡り、米水浦(よねみずがうら・弥彦山の背後・長岡市野積)に御上陸されました。

当地では住民に漁業・製塩・酒造などの技術を授けられ、後には弥彦の地に宮居を遷されて、国内の悪神凶賊を教え諭し万民を撫育して、稲作・畑作を始め諸産業の基を築かれました。

天香山命は越後開拓の祖神であり、またその御事績から、人々の魂・生命に溌剌とした活力を御授けくださる神様と言えましょう。(彌彦神社ホームページを参考にしています)

 

明治45(1912)年3月11日、火事によって本殿以下の社殿が焼失すると、県内はもとより海外からも復興の志が寄せられ大正5(1916)年に荘厳なる社殿が再建されました。

 

———————————————————————
<郷土に感謝 誇ろう日本!>
大垣市の旅行会社
有限会社 大幸ツアー
facebook
———————————————————————–

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863