有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

御塩浜と御塩殿神社

2019年10月16日

伊勢神宮では、毎日朝夕二度、神饌(神様へのお供え物)が奉じられます。

 

神饌には御飯、御塩、御水、乾鰹、鮑、干鯛、海藻、野菜、果物などがあります。

 

神饌と調達する施設や場所を御料地いいます。

 

御料は食べ物の他に、食べ物をのせる土器や、神様の着物「神御衣(かんみそ)」などもそうです。

 

 

 

次は御塩田と御塩殿神社についての以前の記事です。

 

楽しく学べる人生という旅-mishio2

御塩浜(後方に見える堤防の向こうは五十鈴川)

楽しく学べる人生という旅-mishio1

御塩殿(御塩殿神社内・・・二見浦の西)

伊勢神宮外宮(豊受大神宮)では、毎日朝夕の2回、米・塩・水などの御供えをします。ここに外宮が置かれて1500年間、一日も欠かさずです。

これらの御供えは全て自給自足であり、塩とて例外ではありません。

御塩浜(塩田)に海水を入れ、鹹水(かんすい)をつくり、御塩浜殿まで運び、大鍋に鹹水を入れ、焼塩をつくります。

焼塩は三角錐の型で固められ、外宮に上納されます。

 

 

———————————————————————
<郷土に感謝 誇ろう日本!>
大垣市の旅行会社
有限会社 大幸ツアー
facebook
———————————————————————–

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863