有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

氣比神宮 神功皇后の三韓征伐

敦賀の氣比神宮は、仲哀天皇が豊浦宮(熊襲平定のための仮御所)へ呼ぶ前に、神功皇后が皇后となるための準備のため籠っていたお宮でもあります。

 

当時、熊襲平定は急務だったのです。

 

ところが、仲哀天皇は熊襲との戦いの最中に敵の矢をうけ崩御されてしまいます。

 

その時、神功皇后のお腹には赤ちゃん(後の応神天皇)がいました。

神功皇后は、妊娠したまま、男装し、筑紫から玄界灘を渡って朝鮮半島に出兵して、新羅を攻めました。

三韓征伐と言います。

 

 

帰途に太子(応神天皇)を産みます。

そして、皇后と太子がヤマトへ戻る際に、太子は武内宿禰(景行・成務・仲哀・応神・仁徳の5代(第12代から第16代)の各天皇に仕えたという伝説上の忠臣)に連れられて禊のために氣比神宮へ参詣しました。

 

氣比神宮は神功皇后による三韓征伐の始めと終わりに参詣した重要なお宮なのです。

さて、神功皇后は妊娠の身でありながら男装までして、どうして朝鮮半島に兵をあげたのでしょうか?

三韓征伐の後、日本と朝鮮半島の関係や日本国内はどうなったのでしょうか?

 

ねずさんのひとりごとでは、その理由がわかりやすく説明してあります。

http://nezu3344.com/blog-entry-4301.html

 

———————————————————————
<郷土に感謝 誇ろう日本!>
大垣市の旅行会社
有限会社 大幸ツアー
facebook
———————————————————————–

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863