有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

三番歌 柿本人麻呂

(嵯峨嵐山文華館 展示 小倉百人一首 三番歌 柿本人麻呂)

 

学校の授業では柿本人麻呂がどんな人なのか、よくわからないままで終わります。

しかし、人気ブログ、ねずさんのひとりごとでは、その人物のイメージが湧いてくるような説明があり興味がそそられます。

そして、日本の国の形が世界とは全く違い、究極の民主主義であることが、この小倉百人一首で証明されています。

 

 

http://nezu3344.com/blog-entry-2149.html

 

 あしびきの
 山鳥(やまどり)の尾の
 しだり尾の
 ながながし夜を
 ひとりかも寝む

 

百人一首の3番歌は、柿本人麻呂です。
この「3番に人麻呂が来ている」ということが、実は、世界的にみて画期的なことです。

 

なぜかといいますと、百人一首は、はじめの1番歌と2番歌が天皇の御製です。
普通に考えたら、世の中身分制ですから、3番目にくるのは、皇太子殿下か、すくなくとも政治における最高権力者である「太政大臣」クラスの人の歌であるはずです。

ところが小倉百人一首では、三番目が柿本人麻呂(かきのもとひとまろ)です。
なるほど人麻呂は、天才歌人としてよく知られた人ではあります。
ですが、出自は、とても身分の低い人です。
その低い身分の人麻呂が、並みいる政界の大物や名だたる高僧たちを差し置いて、そればかりかなんと光孝天皇(15番)まで差し置いて、3番歌に名を連ねているのです。

さらにいうなら、律令制における政治の最高権力者(それはいまの内閣総理大臣よりも位の高い上位の役職)は、太政大臣です。
その太政大臣に至っては、76番歌、91番歌、96番歌と、むしろ後の方での登場です。
こういうことに「順番は何の意味もない」としか考えられないのだとしたら、よほど鈍感としか言いようがありません。

・・・

歌川国芳画

———————————————————————
<郷土に感謝 誇ろう日本!>
大垣市の旅行会社
有限会社 大幸ツアー
facebook
———————————————————————–

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863