有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

三十石船 淀川クルーズ

2020年3月11日

 

江戸時代に大阪と京都を結んだ「三十石船」。

当時は1日約1500人の人を運んでいたといわれています。

この航路の一部である枚方と八軒家浜(大阪天満橋付近)間で再現します。

船内ガイドの詳しい解説と三十石船歌、鍵屋資料館の見学を通して、

当時の賑やかな舟運の雰囲気や、宿場町として栄えた枚方の歴史と今を体験できるクルーズです。

 

春と秋の爽やかな季節に運行

 

見どころは

☆春は大川沿いの桜並木が大変美しく、屋形船風の船から眺めるお花見は格別です。

☆秋の行楽シーズンは空気もすがすがしく、おとなの遠足にぴったりです。

☆観光船ではめったに通ることのない「毛馬閘門」では、その大きさや水位調整の仕組みを間近で体験できます。

☆淀川は平均して水位が浅く運航できる船・期間が限られているため、大変貴重な期間限定クルーズです。

http://www.ipponmatsu.co.jp/news/detail.php?id=497

旅の計画のご参考にしてください。

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863