有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

コロナ騒動はつくられた

2020年7月14日

コロナ騒動は完全に作られています。

マスメディアによって作為をもって作られています。

 

陽性者のうち、熱などの症状が出ているのは、何%ぐらいいるのでしょうか。

外国人の陽性者の割合も知りたいものです。

 

重症患者になれば、どんな病気も大変なんです。

しかし、新型コロナウイルスで重症になった人の割合は、たった40万人に一人程度なのは事実です。

 

若い人の感染が多くなったのは、事実です。

注意を促すだけで良いではなりませんか。

インフルエンザが流行ったときのように、注意を呼びかけるだけで良いではありませんか。

 

専門家でもないコメンテーターが深刻な顔をして、「〇〇すべき」などと語ってほしくないです。

感染者と重症者などの内訳を発表し、「気を付けましょう」でもう良いではありませんか。

 

いつまで過度な不安を持たせる報道をするのか。

 

「いい加減にしろ」と言いたいわけです。

 

もう、新型コロナは普通の風邪程度だと数字的な結果が出たわけです。

外国は大変な状況ですが、日本は普通の風邪としてウイルス君が共存していてくれているわけです。

 

あとは感染国からの外来種を持った外国人を入国させないことが大事なわけです。

 

第2波が来たといっているコメンテーターがいましたが、PCR検査を何倍も増やしたから増えただけなのです。

もう茶番はやめないと経済のダメージが大きくなります。

メディアは、必要以上に脅して分の経済損失の責任をとれるのでしょうか。

 

メディアは、高齢者の方へ、コロナに対する過度な恐怖心を植え付けたのです。

お年寄りの方に、必要以上の恐怖に煽ってどうするんですか。

 

これは作られた騒動です。

日本経済を痛めつけたい輩が子飼いのメディアに指示を出しているのでしょうか。

 

メディアがやる仕事は、事実(数字など)に基づく検証です。

事実(数字)を出して、

悪い面だけでなく良い面も事実として報道すべきです。

どうして日本は欧米に比べ被害が少なかったのか。

なぜ重症患者が少なかったのかなど。

 

欧米と比較検証して、日本の良かった点、悪かった点を反省して今秋にくるであろう第2波に備えるべきです。

 

それを視て国民は、自分なりに判断をします。

そうか日本は欧米に比べ、他の流行り病に比べても、重症者の数が極端に少ないのか。

過度に心配することはない。

風邪と同じ、普段通り気を付ければよいのだ。

 

 

 

となるわけです。

 

 

レールマウンテンバイク「ガッタンゴー」

https://rail-mtb.com/

廃線のレール+自転車=ガッタンゴー!!
レールマウンテンバイク「ガッタンゴー!!」は、
自転車と廃線後の鉄路を組み合わせたアクティビティ。

2台の自転車をフレームにがっちり固定したレールバイクで、
旧神岡鉄道のレールの上を走ります。

 

 

 

 

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863