有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

デフレ脱却の特効薬とは

2020年9月22日

日本製鉄 名古屋製鉄所 工場見学イメージ

https://www.nipponsteel.com/works/nagoya/about/visit.html

 

本日の虎ノ門ニュースを通じて知ったことですが、中国にある3万5千社ほどの邦人企業のうち、約5%にあたる企業が中国からの撤退を決めているというニュースがあるそうです。

 

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/5966cbe420759bd36454427768011fb6fa117ab7

 

 

どんな理由で撤退するのかをメディアは報道しないでしょうが、真相を報道してもらいたいものです。

 

おそらく中国への負のイメージになるものは報道しない姿勢をとられることでしょう。

 

日本の景気対策を進めるのに一番効果があるのは、中国から日本へ工場を戻すことです。

中国への工場移転は、一企業の問題ではなく新自由主義化・グローバル化を画策する世界の金融資本家の意図で始まり、30年間で日本人が得るべき給与が資本家の元へと流れる仕組みを作りました。

 

その犠牲になったのは日本人もそうですが、中国農村部の方々もだとわかってきました。

中国では、30年前よりも酷い格差社会になっています。

ウイグル、チベットなどに略奪した中共による人権弾圧・民族浄化が明らかになってきています。

中共の統治を終わらせない限り、人類の平和は訪れません。

30年前とは大きく状況が変わってきているし、知らされていない情報も明らかになった以上、このまま中国と取引をすることは人道上どうなのかということも問われます。

更に中国のパクリ体質や情報漏洩が安全保障の面で驚異になっている以上、同盟国アメリカの方針に同調するしか日本の生きる道はありません。

 

また、日本企業の中国撤退・工場を日本に回帰する補助金は現状で十分なのでしょうか。

もし不十分であれば、もっと補てんすべきです。

日本への工場回帰ならば、なおさらです。

 

仮想敵国との貿易を無くすのは当然です。

鎖国とは言わないまでも親日国だけで貿易協定を結べば良いわけです。

 

本来、日本人が得るべき労働機会と給料が戻れば、それこそが特効の景気対策です。

国内での需要が高まれば、デフレは解消できます。

供給力に比べ需要が少ないからデフレが起きるのです。

 

今回のニュースでその方向に向かっていることはとてもありがたいことです。

 

 

中国がどうなってもよいということではありません。

中共が国家の上にある支配、中共党員が搾取する体制を潰さばければ、人類は救われないということです。

もう少し、まともな政権で分断統治した方がChina人民にとっては良いことです。

トランプの言うナショナリズム、ウイグルもチベットも内モンゴルも自治権を取り戻すべきです。

 

 

———————————————————————
<郷土に感謝 誇ろう日本!>
大垣市の旅行会社
有限会社 大幸ツアー
facebook
———————————————————————–

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863