有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

アメリカ大統領選 闇は繋がっている

2020年12月13日

藤井厳喜氏と林建良氏による配信動画(TaiwanVoice)です。

 

 

RCEP(東アジア地域包括的経済協定)

ASEAN加盟10カ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)と、そのFTAパートナー5カ国(オーストラリア、中国、日本、ニュージーランド、韓国)の間で、2020年11月15日に第4回RCEP首脳会議の席上で署名された経済連携協定 (EPA) である。

インドは、交渉が開始された2011年から、FTAパートナー国として、RCEP交渉に参加していたが、主に中国からの製造品やオーストラリアやニュージーランドからの農産物・乳製品のダンピング懸念を理由に、交渉の最終時点の2019年11月に交渉から離脱した。

 

 

 

もともと親中政策の懸念のあった菅政権だったのですが、アメリカ大統領選後、バイデン次期大統領として既成事実化されると、菅総理はバイデンへ祝辞を送り電話会談を行いました。

この時点で、現政権であるトランプ大統領への裏切り行為です。

 

選挙に不正がなければ圧勝していたとトランプ大統領は主張し、敗北を認めていません。法的にも決まっていないのです。にもかかわらず、この時点でのバイデンへ祝辞と電話会談という行為は、現政権に対し、あまりにも失礼な行為です。なぜ、こうまでして自称次期政権におもねるのか、もっと他に良い方法はなかったのでしょうか。

 

 

また、RCEPに日本が参加することになり、対中貿易制裁を進めるトランプ政権への大きな裏切り行為でもあります。

追い詰められている中共を日本が救うことになるとは聞こえがいいですが、何で経済界は中共との融和を優先してしまうのか、とても残念です。

あるいは「人間万事塞翁が馬」太極的な観点を菅政権はお持ちなのか?

であるなら凄いことですが。

 

 

 

改めて、中共との間には約束事は通用しません。

 

 

日本市場が中国に浸食されるだけであり、日本国民は雇用が奪われ企業買収で技術が盗まれるはめになる。

通信や金融を解放すれば、アメリカへの最大の裏切り行為になる。

 

そもそも今までの30年間、中国と韓国に日本の富は奪われてきたのが事実です。

それを押し進めてきたのがアメリカに巣くう闇です。

トランプが今、戦っている相手です。

 

世界の闇の構図を理解しようとするとき、国単位では理解できません。

 

 

ところで、アメリカ大統領選では、テキサス州の提訴が最高裁で審議されないという結果になりましたが、そのことで良いこともあります。

 

・悪(闇)に加担する者が明確さされてゆく。

・悪(闇)に加担する者の改心のための猶予期間が生まれた。

・悪(闇)を打倒しようとする正義感の民意が集団意識として増大している。

 

次の展開はどうなるのでしょうか?

国家反逆罪が軍事法廷で審議されるという展開も出てきました。

人類の明るい未来に向かって希望は続きます。

 

テキサス州 ヒューストンスペースセンター

Blog

ジョンソン宇宙センター概要 ウィキペディアより

ヒューストンのクリア・レイク地区にある1,620エーカー (660 ha)の敷地に建設された100棟の建物が集合した施設であります。ヒューストンは1967年に公式な愛称(英語版)として「宇宙都市」の異名をとなりました。ジョンソン宇宙センターはNASAの宇宙飛行士隊の本拠地であり、米国および同国と国際的な協力関係にある諸外国出身の宇宙飛行士を訓練する責任を負っています。ジェミニ計画、アポロ計画、スカイラブ、アポロ・ソユーズテスト計画、スペースシャトル計画の宇宙飛行を実施していた頃に「ミッションコントロール」や「ヒューストン」の通称で呼ばれ、その飛行管制の役割を担ったことで一般に知られるようになりました。

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863