有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

社会の変化を見届けたいという好奇心

2020年12月26日

ナッシュビル カントリーミュージック殿堂博物館 テネシー州政府観光局 

 

さきほど、

新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大している事を受け、政府は、今月28日から来年1月末までの間、原則としてすべての国や地域からの外国人の新規入国を拒否する方向で最終調整を行っています。

 

とニュースが流れました。

変異種への上陸すると、さすがにヤバイということで早い対応で英断だと思います。

 

 

でも残念なのは、中共排除は出来ていない。

デジタル庁にHuaweiが導入?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%BA%81

 

これは頂けないお話です。

官僚も政治家さんも財界も知識人の方々も中共マネーとかハニトラでずぶずぶにとりつかれているのでしょうか?

一度足を入れたら、抜けるに抜け出せない沼地のようなところなのでしょうか。

 

アメリカ大統領選で不正に加担人たちと同類ですね。

 

来年、トランプが再選すれば、彼らは「なってこった」「こんなはずじゃなかった」となります。

逆にこのまま不正が暗い闇に葬られれば、日本人は更なるグローバリストの餌食になってしまいます。

日本国民へのトランプの救いの手はもうありません。

気付いた時には手遅れだったとなるかもしれません。

 

だから、私たち国民は真実を知ろうと自分なりに調べることが大切です。

メディアはグローバリスト側の報道なので、私たちはインターネットにある多種多様の情報の中から、自分の腑に落ちる情報を探し出す努力が要ります。

腑に落ちる情報を見極めるには、やはり自分の良心と照合するしかありません。

沼地にいる人からの情報か否かは、良心と照合すればわかるものです。

 

メディアの報道が視聴率が下がる一方なのは、沼地にいる人からの情報だからです。

良心が沼地にいる人からの情報に気分を悪くするのです。

 

新型コロナウイルスについても、PCR検査の陽性者を感染者と混同させる不誠実さとか、恐怖心を必要以上に煽る報道の不誠実さ、病床が足らなくなる原因を取材しない不誠実さとか、外国人の感染状況を報道しない不誠実さなど、視聴者は「何かがおかしい」感じるものです。

 

いろんな局の縛りがあるとは思いますが、トランプが再選したらそんなことは言っておれなくなります。

Xデーにメディアがどんな変わり身をするのか、その後、どんな改善がされるのか、社会の変化を見届けたいという好奇心からも今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863