有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

アメリカ大統領選 ジュリアーニ弁護士の分析

2020年12月29日

一般社団法人 JCUさん配信の動画では、ジュリアーニ弁護士の不正選挙についての言及を字幕付きで配信されてみえます。

どっちが勝つとか負けるではなく、このような不正は許してはいけません。

許されてはいけません。

 

・ペンシルベニアで一晩で600,000票が出ました。そして882,770票が監督されない状態で開票されました。

 

・また、400,000~700,000の郵便投票が印刷されている数より多く開票されています。よってペンシルベニア州の結果は除かれなければなりません。認めれれていること自体、間違いであり撤回されなければなりません。トランプ大統領が勝利したという結果で認証されなければなりません。

 

 

・アリゾナではトランプとバイデンの票の差よりも上回る数の非市民権者が投票しました。カウンティ別にまた、選挙区別の票の差がバイデン80~トランプ20~でした。よってトランプの勝利で結果を余裕で覆すほどの数です。(非市民権者が投票の数を除けば)

 

 

・ミシガン州の場合、アントリム郡で82%の再判定の割合が出ましたが、これの意味するところは、本人の票が反映されず、票を再判定する人(おそらく民主党)が個人の票を行使するのと同じことでしょう。

 

・そして、最大のウェイン郡の選挙区のうち71選挙区の票の数が一致しませんでした。つまり投票した数よりも開票された数の方が多かった。そして300,000~400,000の郵便投票が機会に開票のために入れる過程で共和党側のオブザーバーが参加できず。参観しても、非常に遠くから見するしかなかった。同じ票が4回5回6回スキャンされたりもし、夜中に100,000票を束で入れることを考慮すると全てがバイデンの票だと言うのです。全くこれはミシガン州では、我々が選挙当日の夜、眠りに落ちる前に見た格差ほどトランプ大統領が勝利するということです。約120,000票の差。ペンシルベニア州で不正票を除けば、3~40万票差で勝つような事です。

 

・ジョージア州の映像を見てください、その映像に出てきた数字だけで40,000~80,000票です。バイデン138,000票、トランプ2,000票。その票だけ除外してもトランプ大統領は、ジョージア州で勝利していたのです。

・・・

 

 

 

 

 


 

フィラデルフィア ペンシルベニア州政府観光局

 

 

(感想)

動画から伝わるジュリアーニ弁護士さんは、誠実そのもののお方です。

この不正を許してはいけないという怒りと正義感もひしひしと伝わってきます。

 

では、不正に加担している人たちの面相はとなると、「まるで仮面をかぶっているように」平常を装っている。

「心中は穏やかではない」と思います。

やっぱり、人間は良心に背いたウソをついていると心が穏やかではなくなるのだと思います。

 

この世でいくら、裁きを受けず逃げ延びても、死後に人間は誰しも最後の審判を受けます。

仏教で言えば、閻魔様のもとで生前の行いが白日の下にさらけ出されます。

ここではウソは通用しませんから、いくら極楽へ行きたくてもどうしようもありません。

生前に稼いだお金は持ってゆけません。

暗くて寒くて臭くて汚い地獄へと行くしかありません。

何十倍も辛いことがあの世で待っています。

 

 

だから、人間は改心することこそ大事です。

地獄へ行かないで済む道でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863