有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

マスクをすると18倍罹りやすくなる

2021年2月19日

本日の虎ノ門ニュースでは、武田邦彦先生と須田慎一郎氏が出演され、新型コロナについて興味深いお話をされました。

 

・コロナ風邪に罹ったら、同時に先ず体を温めると良いということです。特に暖める場所は肺尖部の上が効果的とのことです。「風邪に罹ったら布団をかぶって寝なさい。」というのは昔から言われていた。

 

・三重県でPCR検査陽性者の約2300人に調査した結果、マスクをしていた人とマスクをしていなかった人の陽性者の割合のデータが算出できた。武田先生は計算した結果、「マスクをすると18倍コロナに罹りやすくなる」という結論に至った。どういうことかと再度、計算したが同じ結果だった。国民の平均のマスク着用率が90%でPCR陽性者のマスク着用率はだいたい98%だった。国民のマスク着用率に比べ、PCR検査陽性者のマスク着用率が高かったということであった。

 

 

・つまり、マスクに効果があったら、マスクをしていた人の方か陽性者が少ないはずである。ところが逆だった。一年間を通して、この傾向があった。

 

・感染病院の医療従事者は同じマスクをずっとしていると感染してしまうから、1時間おきに捨てて新しいマスクに取り換えている現実。マスクがなければウイルスは通り過ぎちゃうがマスクがあるとペタっとくっついてしまう。マスクはコロナウイルスの捕捉帯になっている。

 

・マスクをしている千人とマスクをしていない人千人の感染者数を比べるとマスクをしていない人の方が圧倒的に感染しないというデータになっている。

 

 

・武田先生曰く、「僕はデータが出てきてからしか発言しない。今回、データが出てきて計算したら18.4倍という数字が出てきたから、間違いじゃないかと何回も計算しなおした。科学者の良心というのは根拠がなく言っちゃあいけない。科学者の場合はそれが鉄則」

 

 

・・・

 

 

いつも武田先生は、あまりにもテレビ報道とは違うことを発言されるので、テレビ界から総スカンを食らっています。

テレビ界では、テレビ界に不都合な専門家には発言させないというおかしな社会です。あくまでも科学者として実績のあられるお方に対して、それはいけないでしょうと思うわけです。

 

武田先生とテレビ界とが違う主な意見は、

 

・武田先生は地球温暖化はまったくない。むしろ、緩やかに寒冷化している。温室効果ガスを減らすとか脱炭素などは無意味である。その他環境問題が多い。

 

テレビ界が不都合な意見をいう専門家を排除するというやり方は本当に不誠実です。そこを正々堂々と専門家同士が議論し合うと、御用学者の方が嘘をついていることがバレてしまうから、武田先生のような不都合な専門家は出さないのだと解釈されても仕方がないわけです。

 

つまり、地球温暖化などは「真っ赤なウソ」ということが真実になるわけです。

コロナ騒動と同じ、「利権」「補助金」がらみということになるわけです。

 

 

 

 

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0102
岐阜県大垣市墨俣町墨俣137番地

0584-47-7441