有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

イベルメクチン パンデミックを終息

2021年4月30日

讀賣新聞オンラインより

https://www.yomiuri.co.jp/choken/kijironko/cknews/20210427-OYT8T50019/

 

 

本日の虎ノ門ニュースでは、武田邦彦氏と須田慎一郎氏がご出演され、その中で大村博士発見のイベルワクチンがパンデミックを終息させる可能性があるという大変興味深いニュースが流れました。

 


 

(以下報道内容)

大村博士発見のイベルメクチン パンデミック終息させる可能性

 

2月15日付の論座の記事を一部割愛してお伝えいたします。

大村智北里大学特別名誉教授が発見した寄生虫の特効薬「イベルメクチン」が新型コロナウイルスの治療と予防に効いているという医学報告が世界各地から多数挙がっています。

コロナパンデミックを終息させる切り札になるかもしれないという見方さえ出て来たとのことです。

イベルメクチンの発見国である日本はもっと積極的にこの薬の効能判定に関わり世界に先駆けて処方を確定しコロナ治療予防薬としてイベルメクチン使用を進めるべきだと考えられます。

2020年12月8日、アメリカ上院国土安全保障と政府問題に関する委員会で証言に立った新型コロナ救命治療最前線同盟代表のピエールコリー会長は政府機関は早急にイベルメクチンの効果を評価し処方を示すべきだとせまったということです。


 

武田先生

今度の新型コロナウイルスは特別なウイルスではない。インフルエンザに近い。もともとコロナウイルスというのは人間と長い間共存してきてよく土着のウイルスという。ウイルスは元々薬が効きやすいわけではない。このイベルメクチンもアビガンもかなり効く。効くんですがそれがほぼ禁止されている状態。アビガンも少し遺伝子を操作していて危ないと言われてますが現在打っている又は打とうとしているワクチンに比べれば危険度は全然低い。

私の見解を言いますと、「何で現在、遺伝子ワクチンの方が認められていて、アビガンとかイベルメクチンが使えないのか?」

 

全世界的に金が流れてワクチンを使えという事になっているから。

ですから、お金で人体実験をしている状態なんです。今は。

ワクチンに遺伝子のワクチンを使うということは20年間認められてこなかった。動物実験で動物が結構死ぬんで、認められてなかった。医療関係者に打った状態をみると2回目なんか打つと相当高熱が出てる。しかし、なかなか表面には出さない。何でそれをメディアなどが出さないかというと、政府の方針と違うことを報道しない。国民の命よりか政府の方針だという間違ったメディアのためだと僕は思います。

もっと使えば良いと思います。

もっと言えば、トランプ大統領が罹った時に打ったのがビタミンD剤、コロナを止めるのにはワクチン以外に食事はどうするか、日光浴どうするか、熱い風呂は、軽い運動して、お茶を飲んで、などをすれば相当程度防げる。

 

ところが、防ぐものとか、このような一般的な薬のことはまったく報道しない。政府も言わない。尾身さんなんかも何にも言わない。ワクチンだけ打って自粛しろ、これだけ言う。これは非常に偏った状態。

それはなぜそんなに偏っているかというと、例えば、何の病気でもそうです。風邪は特にそうですが、風邪をひかない生活方式とか食事とかはいい加減なデータではない。かからないようにという報道はほとんど行われていない。

 

自粛とかワクチンとかは20分の1の効果しかない。

 

PCR検査を厳しくして、1万ないとかからないのに5つのウイルスをみつけて患者だけを増やす。

 

・・・

 

(感想)

イベルメクチンの情報は早い段階で人気ブログ伊勢白山道さんの記事で知っていました。

https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20200407

なぜ虫下し薬なのか?

それは、フランスの医学論文で、新型コロナウイルスの重症者、死亡者を調べると、腸内の善玉菌が著しく減少している人に重症化が見られるというところにヒントがあるようです。

 

日本人がなぜ新型コロナウイルスの重症化が少ないのか?

それは、日本食が腸内環境を良くしていることに原因があるということにも共通しています。

 

武田先生のご指摘の通り、新型コロナウイルス感染症はあくまでも「風邪の一種」であることを私たちは再認識すべきなのです。

風邪の一種であることを改めて認識した時、私たちは「今の空気が如何に変」であるのかに気付くことができます。

 

この変な空気が作為で作られたものであることに気付けます。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0102
岐阜県大垣市墨俣町墨俣137番地

0584-47-7441