有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

今、アメリカでは共産革命が起きている

2021年5月30日

馬渕睦夫氏の動画配信の紹介です。

 

・アメリカの上層退役軍人126名が公開書簡を発表した。そこにはアメリカで今、起きているとんでもない事態になっている。なぜかメディアは報道しない。それが社会に知れ渡ると今までの報道が根底から覆されることになるから。

 

・アメリカは革命の最中にある。マルクス社会主義と自由民主主義(憲法を擁護する人たち)が行われている。

 

・アメリカは不正選挙によって、国家転覆が現に今、起こっている。

 

・アメリカは行政府・立法府・司法府をマルクス社会主義・共産主義者が握ってる。

 

・バイデン政権の憲法蹂躙に国民は強い危機意識を抱き始めている。

 

・トランプ氏へのツイッター閉鎖などは言論弾圧であり、メディアも加担している。

 

・共産主義に合わない言論は認めない。日本でも左翼リベラル以外の言論は認めないということが現に起こっている。

 

・バイデン大統領の身体的精神的コンディションはアメリカだけでなく世界の安全保障の問題に直結している。それが今、揺らいでいるという主旨を言っている。

 

・「核のボタン」を誰が握っているのか不明な状態。つまりバイデンは持っていないことになる。

 

・LGBT法案など保守の自民が推進すべきことではない。これが通ると大変な社会になる。いわゆる逆差別が起きる。アメリカ社会と同じ。

 

・・・

 


(感想)

アメリカで起きていることが強くはないけれど日本でも起きています。

LGBT法案や夫婦別姓などはまさしくリベラル、共産主義、全体主義の流れです。

ところがアメリカと違うところは、これらの法案の危険性をほとんどの日本人が気づいていないことです。

 

メディアは起こりうる最悪のケースを提示すれば、国民はきっと反対するでしょう。ところがメディアは左翼にとっての不都合を提示しない。

 

日本人は自分の身に降り注がなければ、目覚めれないのでしょうか?

その良い例が女性宮家推進の動きです。内親王の結婚相手方の諸問題が起きてから女性宮家・女系天皇の問題点が浮き彫りになりました。

「これはマズイ!」と国民は気づき、反対者が増えました。

これも神風だと思います。

日本は神国、守られています。

これからもなんとか乗り切っていってほしいです。

 

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0102
岐阜県大垣市墨俣町墨俣137番地

0584-47-7441