有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

ワクチン打てば永久に細胞が変形弱体化

2021年6月20日

 

松田政策研究所の配信動画の紹介です。

今回は、徳島大学名誉教授 医学博士 大橋眞氏の見解で

「ワクチン打てば永久に貴方の細胞が変形弱体化します」という内容のになっています。

 

(感想)

 

大事なことはワクチンの安全性を確認することです。

ところが日本中に流れている空気には、その視点が欠落しています。

日本人の賢さはどこに行ったのでしょうか?

 

初期の副反応に心配する人は結構いるようですが、中長期については情報は全く無関心なのが今の日本人です。

なぜ、そこが心配にならないのでしょうか?

日本人の賢さはどこへ行ったのでしょうか?

 

ここでも、361の法則が働いているような気がします。

 

・3は正への意識の高い人

・6は流されやすい人

・1はそれ以外の人

 

足して10割

 

残念ながら、メディアは6の人を洗脳しています。

3の意見は完全無視をすれば、テレビの中では無いも同じです。

 

ワクチンの安全性に疑義をとなえる専門家がこれだけ多くみえるにも関わらず、取り上げようとしない。「国民が命を守る」という政治家は彼らの存在を知らないのでしょうか?

彼らの見解をどう思っているのでしょうか?

ワクチンの安全性について、舞台裏では何が話されているのでしょうか?

それにしても完全無視はいかがなものでしょうか?

 

いつも社会を混乱へと導くのはリベラル左派思想です。

日本にはリベラル左派思想の政治家が多すぎるのでしょうか?

与党にも多く入り込んでいるようです。

 

メディアは3割の意見を無いものとする。

これが報道しない自由の権力行使です。

 

安全性が確認されていないワクチンを薦めること自体、おかしいと思うのが普通の考えではないですか?

コロナ茶番劇を政治家もメディアも大真面目な顔をしてやっています。

「命を守る」という大義をかざしています。

ところがPCR検査の不適正、検証もされないコロナ禍、ワクチンの安全性の未確認などをみていると、まるで茶番劇をみているようです。

しかも、日本人の精神的、経済的ダメージが大きすぎます。

勇気ある政治家はもっと声を挙げるべきです。

 

愚痴のようになりました。

でも声を挙げなければ社会は変わりません。

 


 

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0102
岐阜県大垣市墨俣町墨俣137番地

0584-47-7441