有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

八幡山ロープウェー

2021年8月28日

 

 

近江八幡の八幡山山頂、八幡山城本丸跡には村雲御所瑞龍寺(ずいりゅうじ)があります。

山頂へはロープウェーで行くことができます。(約4分 往復 大人890円)

村雲御所瑞龍寺(むらくもごしょずいりゅうじ)は、滋賀県近江八幡市宮内町にある日蓮宗の寺院。日蓮宗唯一の門跡寺院である。八幡山山頂・八幡山城本丸跡にあり、豊臣秀次の菩提寺でもある。

秀吉の姉、智(とも)は実子のいない秀吉に、長男の秀次を養子として出しました。しかし文禄4年(1595年)、秀次は秀吉と対立し蟄居先の高野山で自害してしました。

その後、秀次の妻子は三条河原で処刑され、智の夫であり秀次の実父である三好吉房も流刑となりました。

唯一残された智は処刑された子や孫の菩提を弔うために出家し、以前から帰依していた日蓮宗による寺院を建てようとしたところ、文禄5年(1596年)、話を聞いた後陽成天皇より嵯峨の村雲(現・二尊院の北側)の寺地と「瑞龍寺」の寺号・寺領1000石・菊紋・紫衣を賜って創建されました。

これにより瑞龍寺は日蓮宗寺院で唯一の門跡寺院及び勅願所となり別名を村雲御所と称して、以後、代々皇女や公家の娘を貫首として迎えました。1961年(昭和36年)、11世・日浄尼の代に京都今出川堀川から秀次ゆかりの八幡山城址に寺地を移しました。

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0102
岐阜県大垣市墨俣町墨俣137番地

0584-47-7441