有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

接種済みの方は抗酸化食品が大事

2021年9月28日

今回のコロナ騒動とワクチン狂騒曲は、日本人に大ダメージをもたらしました。

新型コロナというインフルエンザよりもの弱毒の感染症にも関わらず、エボラ並みの強毒感染症と位置づけ、政府と御用学者とメディアで恐怖を煽りました。

PCR検査たる「開発者本人が感染症対策には使ってはいけない」という検査方法を使い、陽性者を感染者と報道することで国民に更なる恐怖を与えました。

ワクチンとは全く関係ない原因で亡くなっても、陽性なら「コロナ死」として報告され、報道されることから国民は更に怖くなります。

ソーシャルディスタンス、新しい生活様式、3密、休業要請、時短営業、自粛要請など、インフルエンザより弱毒性なのに、国民に恐怖心を植え付け行動を制限しました。

国民は弱い立場の人から仕事がなくなり収入が奪われました。

精神的にも弱い人から鬱や自殺者が増えました。

早く普通の生活に戻りたいという世論が大きくなりました。

そこで登場したのがワクチン待望論、ワクチン至上主義です。

ワクチンしか、コロナ禍は解決しないという世論が出来あがりました。

コロナ騒動とワクチンはセット販売だったのです。

「ワクチンが入れば、コロナ禍も治まると平常の生活に戻れる」と今となっては絵空事の期待を国民に持たせ、ワクチンキャンペーンは進行中です。子どもには打たせないはずが今ではどんどん若年化しています。

「感染予防のため」「集団免疫を確立するため」「家族のため、社会のため」から「重症化を抑えるため」にスローガンは変化してゆきました。

国民は従順なので、「ワクチンは3回打つ必要があります」と言われれば、何の疑いもなく打ってしまう人が多いです。

ちょっと考えれば、言ってることが変わってゆくことに気付くのですが、従順(コロナ脳)すぎて「変異株のせいだ」を信じ、ワクチンに疑いをもたないのです。

もちろんウイルスが変異することは、昔からわかっていることなのに、なぜか「ワクチン」を疑わないのです。

おそらく7割ぐらいの方は打たれることでしょう。

 

法的には強制ではないのに職場によっては強制同然の圧力がかかっているようです。

 

これから日本で起きることは、すでにイスラエルやシンガポールで起きていることです。

接種済みの方から重症者がふえてゆくという危険が可能性としてあります。

中長期の治験が済んでいない、正式承認していないmRNAワクチンである事実を多くの国民は知らされていません。

サイトカインやADEという中長期のリスクをとなえている専門家が多くいるのに、政府は無視し、ワクチンに肯定的な専門家のみを報道します。

 

ワクチン肯定論者のみを取り上げ報道するということ自体が大きな矛盾であるはずなのに、国民の多くは何の疑問も持たないのです。

 

厚生労働省やこびナビのサイトには、ADEの危険船について、「現在は報告がない」「現状ではないと考えられます」と結論付けています。

将来のことなので誰もわからないはずなのに、「現在は報告がない」「現状ではないと考えられます」というあいまいな表現を使い、国民に接種を促しています。

誠意ある医師であれば、「中長期のリスクについてはわかりません」ときちんというべきです。

 

誠意ある専門家や医師は、勇気と誠意をもって、考えられるリスクを発信してみえます。

中長期のリスクを知らずに打ってほしくないのです。

これが誠意ある勇気ある専門家、医師の姿だと私は思います。

 

考えられるリスクは怖いものです。

 

免疫が機能しなくなるわけですから、ウイルス性の癌や血栓を誘発させる危険性もあります。

ですから持病を誘発させてしまう恐れもあります。

 

接種済みの人は抗酸化食品など体内に貯まった毒を輩出させるための食習慣が大事になります。

血栓ができやすいわけですから血流をよくする運動とか水分補給とかも大事です。

 

接種していない人も以上のことは大事なのですが。

 

 

このように経緯を振り返ってみると、政府のやってきたことは「正直でない」という一点だけでも間違った方向に行っています。

あってはならないことですが、ウソは隠しきれないところまで行ってしまったら。

政府も御用学者もメディアも取り返しのつかないことになります。

 

マタタビ羅針盤さん 海外のニュースが翻訳されています。

https://www.bitchute.com/channel/BNtctLjdc3Ds/

 

伊勢白山道さんのブログ 抗酸化食品など、幅広い情報がブログ内で検索できます。

https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou


以下、参考まで

 

世界最高率の全国民80%のワクチン接種率を誇るシンガポールが、全パンデミック期間を通じて最大の感染確認数を記録

 

 

シンガポールの死亡確認者数

(主要国の陽性者数、接種数、死亡者数などがわかります)

https://ourworldindata.org/explorers/coronavirus-data-explorer?facet=none&Metric=Confirmed+deaths&Interval=7-day+rolling+average&Relative+to+Population=true&Align+outbreaks=false&country=~SGP

 

 

こびナビさんのサイト これが政府のいう正しい見解です。

しかし、日本語の曖昧表現を使って逃げ道もちゃんとつくってあります。

せめて、わからないことはわからないと誠実な表現にしてもらいたい。

 

新型コロナウイルスワクチンでADE(抗体依存性増強現象、Antibody-dependent enhancement)が起こりますか?

 

 

 

 

 

問題のサイトはこちら、読みたい人は覚悟が要ります。

 

 

首都圏 NEWS WEB
伊勢崎市の病院でクラスター 24人は「ブレイクスルー感染」
09月22日 21時36分

 

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210922/1000070510.html

 

 

 


こどもワクチンプラットフォーム

 

https://www.kodomocorona.com/

 

お医者様や政治家の方々を中心に「子どもにワクチンを打たせてはならない」という良心の声を挙げてみえます。

 

まだまだ逆風が強い中で勇気がいることだと思います。

 

「ワクチンはみんなのため」という最初の風潮から、感染拡大でワクチンに感染予防公開がないとわかり、今度は「重症化を防ぐため自分のために」と風潮か変わってきました。

であるならば、子どもはほとんど重症化しないという事実から「子どものワクチン接種は無意味」ではないでしょうか?

 

特に子どもに自己判断をせまることなど出来ません。

中長期の安全性がまだ確認できていないワクチンを子どもに打たせるなど、責任ある政府が絶対やってはならないことでもあると思います。

親御さんも同じことが言えます。

 

親御さんがなぜ子どもにワクチンを打たせてしまうのか?

それは「中長期のリスクを充分に知らないから」に尽きると思います。

10年も実績のあるワクチンなら何もこんなことは言いません。

「知らなかった。なぜ、政府はもっと教えてくれなかったのだ」と後悔することは、あってはならないことですが悲劇です。

 

だから慎重さが絶対に必要だと思います。

子どもだけでなく、これから3度目ブースターとか言っているわけですから、危険性を知った上での接種なら後悔はないでしょうけれど、知らずに接種を繰り返すなんて絶対あってはなりません。

 

 


 

 

以下の情報は、デマではありません。

現に起きている事実です。

 

 

 

 

ウエストバージニア州知事さんのお話

「ここ8週間で、完全に予防接種を受けた人の死亡率が25%増加しているんです」

 

 

 

コロナワクチン 副反応データベース検索

https://covid-vaccine.jp/pfizer-medi

 

 

米国の研究者によると、基礎疾患のない少年(12~15才)は、4ヶ月間にわたってCovidで入院するよりも、ワクチン関連の心筋炎と判断される可能性が4~6倍高いことを示唆されています。

https://www.theguardian.com/world/2021/sep/10/boys-more-at-risk-from-pfizer-jab-side-effect-than-covid-suggests-study

 

 


(現状を裏付けるように権威ある専門家の研究発表などがあります)

 

 

東京理科大学名誉教授、村上康文

「同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、動物実験では5回目から死亡する例が増加。7~8回繰り返すと半分近くが死亡するという動物での研究結果もある」と話す。

https://news.yahoo.co.jp/articles/52831e7dfd7e843177b838e007e8b1428fa22c3e

 

 

 

 

 

 

ツイッター 感染増強で検索

https://twitter.com/search?q=%E6%84%9F%E6%9F%93%E5%A2%97%E5%BC%B7&src=recent_search_click

 

 

厚生労働省HP

新型コロナワクチンQ&A

Q:ワクチンを接種した人が変異ウイルスに感染すると重症化しやすい(抗体依存性感染増強(ADE)になりやすい)のは本当ですか。

A:・・・、現時点ではADEの懸念はないと考えられます。

 

(治験中なので、この表現になっています。)

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0093.html

 

 

 

大阪大学の研究専用ポータルサイト

新型コロナウイルスの感染を増強する抗体を発見
COVID-19の重症化に関与する可能性
2021-5-25●生命科学・医学系

  • 感染増強抗体の認識部位は現行のワクチン抗原にも含まれている。従って、感染増強抗体の産生を誘導しないワクチン抗原を開発することが望ましい。本研究で明らかになった感染増強抗体の認識部位を改変することで、感染増強抗体の産生を誘導しないワクチン開発が可能になると期待される。

https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2021/20210521_3

 

 

 

東洋経済オンライン さん
接種率78%「イスラエル」で死亡者増加のなぜ
https://toyokeizai.net/articles/-/450304

 

 

In Deepさん

[決定打] イスラエルでの世界最大の研究で「ワクチン接種者はデルタ株から保護されない」ことが明確に。コロナ自然感染者との比較で、接種者は「感染率は13倍、症候性発症は27倍、入院率は8倍」という数値が…
https://indeep.jp/vaccinated-are-not-protected-from-delta-variant/

 

 

日本でのADEの修羅場の到来時期が、イスラエル、アメリカ、あるいは、アイスランド等のワクチン優等国の状況からわかってきた
https://indeep.jp/what-will-happen-next-winter-with-ade/

 

 

 


・・・本記事の目的・・・

ワクチン接種直後(初期)の副反応はインフルエンザに比べて各段と多いことが日に日に顕著になってきました。更に中長期的なリスク(抗体依存性免疫増強:ADEなど)をとなえる専門家がかなり多くみええることもわかってきました。専門家とは感染学者や医師のみなさんであり、彼らの見解は公的機関のデータや研究発表を基にしております。「科学的な根拠」があり、いわゆる「デマ」とは違います。また、私感ですが彼らには人としての正義心や誠意を感じます。ところが報道を視てましても彼らの見解は何故かほとんど取り上げられず、完全に無視されているのが実態です。本来であれば、生命や健康に関わる重要案件である故に国民の知る権利が阻害されてはなりません。接種を自己判断するためには、生命健康へのベネフィットと同時に考えられるリスクも国民には知る権利があります。このような情報が偏っている状況下のままでは、あってはならないことですが、「知らなかった。なぜ政府は隠していたのか」と後悔や怒りを持つ国民が増えてしまうのではないかと懸念しています。納得の上で自己判断してもらうことが最低限の政府の責任ではないでしょうか。私は記事にたどり着かれた方に対し、以上のような観点からの有用な情報を微力ではありますが提供をすることを本記事を書くにあたっての目的としてきました。国民は薬害では苦しんできた経緯があります。薬害の可能性が否定できない現段階においては、より慎重であってよいはずです。以上、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0102
岐阜県大垣市墨俣町墨俣137番地

0584-47-7441