有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

逆にブチャの偽旗作戦が証明されてしまった 衛星画像

2022年4月12日

上が2月28日撮影、下がニューヨークタイムズが証拠として提示された衛星画像(3月19日撮影の表示)

 

あのブチャでのニュースでは、ロシア軍の仕業を立証するために衛星画像が証拠として示されました。

ところが逆にウクライナ側の嘘であることの証拠になってしまいました。

 

・3月9日~11日ごろから遺体はここにあったという証言。

・ニューヨークタイムズによって、その証拠として示されたのが3月19日撮影の衛星画像。

・路上にある遺体の位置とぴったり一致したのでロシア軍の仕業だと主張。

・ところが、この衛星は撮影されたとされる3月19日には、ここの上空は通過しない。

・ここを通過するのは2月28日の後は、4月1日。

・2月28日には遺体はまったく写っていない。

 

・ロシア軍がブチャを去ったのは3月30日、

・ウクライナの国家警察隊『サファリ』がブチャ入りしたのが4月1日。

・証拠とされる衛星画像は、気象学的にも4月1日に撮影されたものと断定。

・ニューヨークタイムスの主張する衛星画像は嘘であることが断定された。

 

 

 

 


 

(リンク記事から一部抜粋)

嘘に合わない衛星
American New York Timesは、同じくAmericanMaxarTechnologiesによって提供された衛星画像に基づいていました。ニュースによると、ロシア軍が撤退する前にブチャの民間人が殺害されたと書かれている。新聞は、ロシアがこの地域を支配したように、遺体が発見された民間人のうち少なくとも11人が3週間以上前に殺害されたと主張した。画像解析では、「衛星画像は、3月9日から11日の間にヤブロンスカ通りに現れた人体に似たサイズの暗い物体を示しています。これらのオブジェクトは、ウクライナ軍がブチャを奪還した後に遺体が発見された場所と正確に一致しています。分析によると、オブジェクトは3週間以上この位置に留まっています。」ステートメントが含まれていました。しかし、当時、マクサーの衛星はまったく別の場所にありました。

 

データはニュースを否定します
独立した研究者は、NYTの主張を台無しにする衛星画像の重大なギャップを発見しました。まず、Maxarの衛星は、3月9日から11日ではなく、2月28日と4月1日にこの地域を通過しました。言い換えれば、3月9日から11日まで、衛星は完全に異なる座標にありました。また、気象データにより、NYTの衛星画像は3月ではなく4月1日のものであることが確認されました。3月31日から4月1日までこの地域で続いた集中豪雨が砂質沖積層として画像に反映されたためです。一方、NYTは別の画像で、2月28日の影と3月19日の影はまったく同じであると書いています。しかし、2月28日の影は4月1日の影と同じであることがわかりました。地平線上の太陽の傾斜角に基づいて、SunCalcプログラムは画像の正確な時間と影の方向を決定しました。したがって、NYTが公開している衛星画像では、太陽の角度は42度です。これは、画像が4月1日の11:57GMTからのものであることを示しています。つまり、ロシア人が街を出てから2日後です。

Aydinlik  トルコ 2022年4月7日01:00
ブチャでロシアを非難するニューヨークタイムズの衛星画像は真実に適合しなかった
アメリカのニューヨークタイムズ紙がブチャでのいわゆる「ロシアの虐殺」の証拠として示した3月9日から11日までの衛星画像は、4月1日、つまりロシア人が去った2日後のものであることが判明しました。街。

https://www.aydinlik.com.tr/haber/new-york-timesin-bucada-rusyayi-suclayan-uydu-goruntuleri-gercege-uymadi-309597

 


 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0102
岐阜県大垣市墨俣町墨俣137番地

0584-47-7441