有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

環境問題、コロナ禍、紛争、食糧危機 悪魔は人の恐怖心を利用する

2022年5月25日

ビルゲイツ氏はコロナ騒動が起きるずいぶん前からワクチン製造に投資をしていたことは有名なお話です。

そのワクチンを接種した人は乳児に母乳を与えてはいけないとなぜか急に言い出したのが原因で、粉ミルク不足になっているそうですが、ビルゲイツ氏は実にタイミングよく人口母乳の開発に投資していました。

さて、ビルゲイツ氏はノルウェイ領スピッツベルゲン島に世界種子貯蔵庫をつくっていました。

世界は食糧危機へと向かっているようです。

ビルゲイツ氏のこれらの投資を最初に聞いたとき、私たちはピンきませんでした。

ところがどうでしょう。

今の世界はビルゲイツ氏の予想していた通りに進み、先行投資がズバズバと当たっているのです。

 

 

 


ビルゲイツ:タイミング良く人工母乳を作っていた ファイザー社は、急にワクチンを接種した女性は母乳を与えてはいけないと言い出した。その間、エンファミルとシミラックは、有毒な粉ミルクをめぐる巨額の訴訟に直面 棚が空っぽになりそんな中、ゲイツが人工母乳を作ったと発表

 

 

 

 

 

(過去の記事)

オデッサ港では、17ヶ国75隻の外国船を阻止し続けている。

ウクライナ政府は穀物の輸出を故意に止めている。

ハリコフでは世界最大級のシードバンク(種子銀行)が破壊された。

ウクライナ政府はロシア軍がやったと言っているが。

ロシアを悪者にして、その報復は軍事ではなく経済制裁。

その結果、ロシアの穀物は世界に輸出されないことに。

そんなおりに日本では明治用水の漏水事故があり、農業が危険な状況になっている。

 

食糧危機をつくりたいという動きのサインとして見て取れる事件です。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0102
岐阜県大垣市墨俣町墨俣137番地

0584-47-7441