有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram

カテゴリー: 人生の旅情報

ブチャの惨事を行ったのはウクライナ軍である

2022年5月6日

及川幸久氏の動画配信では、ブチャの大虐殺を行ったのはウクライナ軍であるという決定的な証拠がみつかった 。 ウクライナの法医学者とフランス国家憲兵隊が関与する捜査が開始され、メディアは一斉に沈黙したという内容のものです。   以前の情報では、証拠の一つとなっていた遺体の写った衛星画像は...

詳細を見る

あの選民収容所ニュースの矛盾点

2022年5月5日

4人家族がマリウポリから国外へ避難と途中、ヤルタという町でロシア軍の設置した選民収容所で体験した少女の証言がニュースに流れ、ロシア軍は酷いことをしていると世界中に流布されました。   このニュースで矛盾点がありました。   マリウポリの製鉄所は国連の主導のもと、ロシア軍の...

詳細を見る

2017年厚労省 感染症予防目的の組換えウイルスワクチン研究報告書

2022年5月5日

2017年の厚生労働省の報告では、 厚労省は遺伝子ワクチンの新生児や妊婦、免疫疾患者への安全性への危惧、更には第三者へのシェディングの危険性も充分に把握していた。 というお話です。   また、 ライアン・コール博士による私たちの免疫システムがワクチンによって機能しなくなると語って...

詳細を見る

近代の紛争の歴史はワンパターンであることに気づけるかどうか

2022年5月4日

元ウクライナ大使の馬淵睦夫氏と水島聡氏の対談動画です。   その人の正しいとか正しくないとかではなくて、多角的な視点を誰もが持たなければ事の実態には近づけません。 いろんな視点を想像して自分の頭で考えてみるということです。   ウクライナ問題でも私たちをミスリードさせて...

詳細を見る

「思考の二元化」には気を付けて

2022年5月3日

私たちが陥りやすい思考は「思考の二元化」です。 ワクチンのことならば、ワクチン派か反ワクチン派です。 彼らはお互いに相手を批判します。 ワクチン派は反ワクチン派を批判し、反ワクチン派はワクチン派を批判します。   ウクライナ問題もそうです。 ウクライナ支持かロシア支持かで双方が...

詳細を見る

ワクチン後遺症多発 今までの行政なら即中止

2022年5月2日

ワクチン後遺症が多発していることを無視して何がお願いなのか? ワクチン後遺症で苦しむ何万もの方の話を「聞く力」を発揮してください。   変異し続けるウイルスに今のワクチンは対応していません。 ワクチン施策の開始当初はコロナ禍の解決にはワクチン2回の接種しかないと国民の善意に呼びかけ...

詳細を見る

ワクチン後遺症 良心ある政府関係者は正義と良心の声を挙げてください

2022年5月1日

若者にとってオミクロンに罹っても重症化はほとんどないことがわかっています。 ワクチンが打った後の心筋炎心膜炎、ワクチン後遺症、死亡例は本当に多いです。 息子を亡くした親御さんは「政府はワクチンのリスクをもっと教えてほしかった」と訴えてみえます。   ワクチンを打たなかったら、後遺症...

詳細を見る

分断させられた国家 ウクライナ

2022年4月30日

2014年までのウクライナは平穏だった。 2014年のマイダン革命でロシア人は迫害があからさまになった。 誰が主導したのか? この視点を持たなければ、ウクライナ問題はわからない。       https://twitter.com/sofimari21/s...

詳細を見る

ドイツ人のジャーナリストのドンバスレポート

2022年4月29日

ドイツ人のジャーナリスト、Thomas Roper(トーマス・ロパー?)さんのドンバス地方のレポートです。 西側メディアである彼は、取材で現地入りする前は、ロシア軍がさぞかし素行のよくないことをやっていて、住民からの不満が聞こえてくるだろうと想定していたようです。 ところが住民からの声はその逆だ...

詳細を見る

「人間の盾」という卑怯な戦法をとっているのはウクライナ軍です

2022年4月29日

フランスの弁護士Karin Bechet-Golovkoは、ウクライナの戦争犯罪について国際会議で話しています。ウクライナがやってきた人間の盾、民間人の人質、学校や病院に軍用機器が配備された事実などをジュネーブ条約違反じゃないかと。 日本の報道は都合の悪い部分だけ主語なしなので、国民はウクライ...

詳細を見る

全ての記事を見る

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0102
岐阜県大垣市墨俣町墨俣137番地

0584-47-7441