有限会社大幸ツアー
Facebook Instagram
お客様の声

たびまな倶楽部

大幸ツアーは、
「人生の素晴らしさ」をテーマにした旅を
ご提供します

たびまな倶楽部

海幸彦山幸彦 古事記からの教訓

安曇族(海人族の一族)の始祖(穂高見命・綿津見命・瓊瓊杵命)を祀る穂高神社 古事記に海幸彦と山幸彦のお話があります。 山幸彦(弟)が海幸彦(兄)から借りた釣り竿で釣りをしたとき、 釣針 を海に落とし失くしてしまいます。 海幸彦 (兄) は大変に怒ります。 ...

詳細を見る

円仁(慈覚大師) 山陰湯村温泉を開湯

東アジアの三大旅行記というものがあります。 年代別に並べると 先ずは、唐の高僧、玄奘(げんじょう)三蔵の「大唐西域記」。 玄奘(三蔵法師)が経典を求めてインドへ旅したときの見聞(629~645年)を弟子の弁機が記したものです。   次に日本人の僧侶・円仁(えんにん)が書いた「入唐求法巡礼行記」 (に...

詳細を見る

水はどこから来たの?

日本は世界もうらやむ水資源大国です。 水は氷(固体)・水(液体)・水蒸気(気体)に変化して、国土を循環します。 大自然が成しえる循環が日本ではうまく機能しています。 暖められた海水は蒸発(気体)し、上空で雲(固体)をつくり、大地に雨(液体)となって降り注ぎ、生命を...

詳細を見る

ムー大陸?前文明?与那国島海底遺跡

与那国島の南沖には海底遺跡があります。 太平洋に浮かぶ大陸が一夜にして沈んだというムー大陸の名残ではないかと いう説もあります。 (ウィキペディアより) ムー大陸は、太平洋の中央に位置し、 オーストラリア大陸ほどもある巨大さで、 大変高度な文明があり栄華を極めていまし...

詳細を見る

大王崎わらじ祭り 入道伝説

大王崎には今の日本にぴったりの伝説があります。 (大王崎わらじ祭り・・・わらじ流しの神事)     【ダンダラボウシと大わらじ】・・・(志摩市観光協会記事より)昔々、一つ目片足の大男「ダンダラボウシ(ダンダラボッチ)」が韋夜ヶ島(いやがしま:現在の大王島)へ住みつき、雲を呼び、嵐を起こして悪さをし...

詳細を見る

何事の おはしますかは しらねども

何事の おはしますかは しらねども かたじけなさに なみだこぼるる 西行法師が伊勢神宮をお参りした時に詠んだ句です。 西行法師は平安末期、 裕福な武士の家に生まれ、 武道に優れ、北面の武士になるも 出家。 旅を空、あるいは山里の庵の孤独な暮らしの中から、 ...

詳細を見る

牛頭天王の正体

(すのまた天王祭) 各地で行われる祇園祭や天王祭は、牛頭天王を祀る神社の例祭です。 牛頭天王はインド由来とされてますので、 明治の初めの神仏分離令によって祀る神社は スサノオノミコト(素戔嗚尊)に祭神の名前を変えられました。   日本は縄文時代から続くとされる伝説に満ちた国...

詳細を見る

美濃和紙あかりアート館

  美濃和紙が東京オリンピックの表彰状に使われることになりました。 和紙の原材料になる楮(こうぞ)、三椏(みつまた)などは、 繊維質が長く縦横に絡めるように漉くため強靭でアルカリ性なので 千年以上長持ちすると言われています。 木材パルプの洋紙は森林破壊につながりますが、 和紙の...

詳細を見る

鎮守の森を命がけで守った南方熊楠2

日本は神話の時代から悠久の歴史が続き今に至っています。 他の国には決してマネが出来ないであろう、 長く国がつづく理由とは何でしょうか。 不思議に思ったことはありませんか。 根本の理由として、 日本は古事記の国譲りのお話に出てくるシラス統治だからです。 シラス統治とは、最高権力者の更に上位...

詳細を見る

キウイフルーツカントリーJapan

キウイフルーツカントリーJapanは、日本一のキウイフルーツ畑が広がる観光農園です。 東名掛川インターから約5分のところにあって便利。 休日になると、「体験学習農園」として、家族やグループでにぎわっています。 園長の平野正俊さんが、キウイフルーツカントリーを経営するきっかけになったのは、 外...

詳細を見る

4 / 71234567

アクセス

ページトップ

大幸ツアー

〒503-0926
岐阜県大垣市切石町2-9

0584-81-8863